エヌエックス屋 特別解説ページエヌエックス屋 特別解説ページ電力係数とは

電力係数ってなに?

電力係数とは… 「電話機1台あたりに消費する 電力量」を数値化したものです。

接続する全ての電話機・コードレスアンテナの電力係数値が制限値を上回った場合、NXSM-SU-(1)の増設、もしくは主装置の交換が必要となります。
(本ページ記載の情報利用に際しては、必ずこちら(本ホームページ記載事項に起因する損害の発生につき)の文章をご覧くださいませ)

電力係数一覧表

※下記はスター配線方式の機種型番ですが、バス配線方式でも同様です

電力係数が
1のもの
NX-18STEL-(1)
NX-24STEL-(1)
NX-36STEL-(1)
NX-18APFSTEL-(1)
NX-18IPFSTEL-(1)
NX-24APFSTEL-(1)
NX-24IPFSTEL-(1)
NX-24RECSTEL-(1)
NX-24WPSTEL-(1)
NX-DCL-S(1)CS-(1)(M)
NX-DCL-S(1)CS-(1)(S)
NX-ACL-SET-(1)
電力係数が
1.5のもの
NX-SCONS-(1)
電力係数が
2のもの
NX-DCL-S(3)CS-(1)(M)
NX-DCL-S(3)CS-(1)(S)
NX-SSLAP-(1)
電力係数が
2.5のもの
NX-24CCLSTEL-(1)
このページの先頭へ

電力係数計算方法

基本ルール

以下の基本ルールさえ理解できれば簡単に計算ができます。ユニット1枚あたり「NXSM-SU-(1)」:+10の電力供給 電話機1台あたり:電力供給 -1~2.5 上記の電力係数一覧表に記載の電力供給がマイナスされます

  • ユニット「NXSM-SU-(1)」1枚あたり+10の電力供給がなされます
  • 電話機1台あたり上記の電力係数一覧表に記載の電力供給がマイナスされます
    (例:NX-18STEL-(1)なら『-1』)
  • トータルして、マイナスになった場合はNXSM-SU-(1)を追加します
  • なお、NX【S】主装置にはNXSM-SU-(1)は1枚のみ実装可能
  • また、NX【M】主装置にはNXSM-SU-(1)は3枚のみ実装可能

計算の具体例

ケース 01
主装置

主装置「NX【S】」に電話機
「NX-18STEL-(1)」を10台接続する場合

ユニット

ユニット
NXSM-SU-(1) 『電力係数+10』

電話機

電話機
NX-18STEL-(1) 10台 『電力係数-10』

電力係数合計:±0

利用可能です。

ケース 02
主装置

主装置「NX【S】」に電話機
「NX-18STEL-(1)」を8台と
「NX-24CCLSTEL-(1)」を1台接続する場合

ユニット

ユニット
NXSM-SU-(1) 『電力係数+10』

電話機

電話機
NX-18STEL-(1) 8台 『電力係数-8』
NX-24CCLSTEL-(1) 1台 『電力係数-2.5』

電力係数合計:-0.5

利用不可能です。

ケース 03
主装置

主装置「NX【S】」に電話機
「NX-18STEL-(1)」を5台と
「NX-DCL-S(3)CS-(1)(M)」を1台と
「NX-DCL-S(3)CS-(1)(S」を1台接続する場合

ユニット

ユニット
NXSM-SU-(1) 『電力係数+10』

電話機

電話機
NX-18STEL-(1) 5台 『電力係数-5』
NX-DCL-S(3)CS-(1)(M) 1台 『電力係数-2』
NX-DCL-S(3)CS-(1)(S) 1台 『電力係数-2』

電力係数合計:+1

利用可能です。

TOP